「涼温換気の家」の夏

今年は7月後半から急に暑くなり、茨城県でも30度を超える日が続いています。「涼温換気の家」はエアコン1台で家全体を快適な状態を保つことができますが、全館冷暖房というと電気代が高そう、というイメージもあると思いますので、一例として茨城県日立市の家の一日の電気消費量を公開したいと思います。

この家は52坪の2階建て、5人家族、オール電化ですが太陽光発電無しという条件です。今年の7月22日の日立市の最高気温は31度でしたが、朝7時からエアコンON、夜0時にエアコンOFFにしていました。夜間は外気温が低いとは言え、エアコンOFF、窓を閉じた状態で室内の温度が上がらずに朝までぐっすり寝ることができるのは、高気密高断熱の構造と熱交換のできる第一種換気のお陰かと思います。ちなみに、昼間の気温の高い状態、エアコンの消費電力が大きい時間帯も1時間当たり1kWh台で推移しており、1kWhで電気代が28円とすると、真夏でも1日あたり数百円で、24時間快適な室内環境を得ることができます。

令和3年7月22日の電気消費量グラフ、当日最高気温31℃

今回掲載した電気消費量のグラフですが、契約している電力会社のサイトで確認できるものをお施主様に提供してもらいました。現在は各家庭にスマートメーターが取り付けられており、30分毎の消費電力量が1時間遅れくらいでインターネット経由で確認できるのです。HEMSなど特殊な機器を設置することなく、その家の消費電力量を確認できる、便利な世の中になりました。もちろんHEMSなどの特殊な機器を設置すれば、部屋ごとやコンセントごとの消費電力量がモニタ―できますが、設置当初は頻繁に確認するものの、そのデータを長く活用している方は意外と少ないようです。

パナソニック社のHEMS(AiSEG2)イメージ パナソニックHPより引用

さて、今回の日立市の家の7月の消費電力量ですが、一日あたりの消費電力量は7月後半からの気温の上昇と共に増加傾向でしたが、丸々1か月で500kWh、1万5千円弱でした。この1万5千円というのを高いと思うか安いと思うかですが、この猛暑の中で52坪の家を24時間快適な温度に保ち、オール電化でガス代や灯油代などの出費は無し、5人家族という条件を加味すると、安いといえるのではないでしょうか。特に夜に窓を閉め切った状態で朝までグッスリ眠ることができ、夏バテとは無縁の生活ができて良かったというのがお施主様のコメントでした。

令和3年7月22日の電気消費量グラフ、約500kW、15,000円弱

 

 

窓タイプ:縦すべり出し/横すべり出し

今日は前回に引き続き窓の話です。窓にはいくつかの種類がありますが、今日は縦すべり出し窓と横すべり出し窓について説明させていただきます。どちらも窓が外に張り出すという点では同じですが、機能的には別になります。

縦すべり出し窓-室内側

縦すべり出し窓は高さ方向に張り出すため、より多くの風を取り込むことができます。縦すべり出し窓の風を取り込むというメリットをより引き出す窓として「ウインドキャッチ窓」というのものもあります。要は左右に縦すべり出し窓がついた大窓なのですが、片方の窓で風を取り込み、室内で循環した風をもう片方の窓から吐き出すのです。窓が東西もしくは南北の片方にしかつけられない場合でも、より効率よく空気の入れ替えができます。弱点としては風が取り込みやすいこともあり、雨が降ってきた場合容易に室内に吹き込んでしまいます。よって、庇など屋根の張り出している所に採用するのがオススメです。

ウインドキャッチ窓-YKK AP社のHPより

横すべり出し窓は横方向に張り出す形になりますので、小雨が降っても換気ができるというメリットがあります。車の窓についているバイザーのように、上から降ってくる雨は窓にあたって落ちるため、室内への侵入が少なくなります。もちろん横風が強いような場合は入り込んでしまいますが、小雨であれば窓を開けたままにすることができます。

横すべり出し窓

注意点ですが、縦すべりも横すべりも窓が外に張り出す構造になっており、張り出す量は調整できるものの、張り出した状態ではロックがかからないため、外から開く量を調整し、全開にすることができてしまいます。よって防犯上は普通の引き違い窓と大差がありません。外側から全開にすることができない窓として「ツーアクション窓」がありますが、こちらについては次回以降に紹介いたします。

猫も家族の優しい涼温な家

新しい、本当に猫ちゃんを家族として愛している、お客様から依頼があり、今回の工事に至りました。猫ちゃんの名前は、ミーちゃん、専用の部屋があり、洗面、トイレ、ウオーク、爪とぎ柱、出入口、内外見える小窓、床はノンスリップ専用床使用、本当にお客様のペット対する気持ちが伝わる建物です。

地鎮祭の竹取での出来事

先日、10月11日早朝、私は近くの河川敷へ地鎮祭に使用する竹を取りに行きました。車から降り竹藪に入り、枯葉の付いてない良いものを選び藪から出たところで、生後1か月は立つだろうか?、4匹の子猫たちに囲まれ動きが取れない状況になり車まで急いで逃げたのですが、車を囲まれ動けば踏みつけそうな状態でしたので降りて、子猫たちの様子を見たところ、お腹がすいてついていきたくて泣いて近寄ってくるしぐさを見ていたら可哀そうになり、何とか助けてあげたい気持ちになってしまいました。私自身、動物は好きなので、何とか里親探せばいるだろうと、早速、獣医に連れていき健康チェックしていただき、清潔にして温めてあげたら、全匹元気になり良く眠っております。もしブログ拝見した方で里親希望の方がいらっしゃったら、宜しくお願いいたします。ちなみに1匹今日里親決まりました。有難うございます。動物は最後まで責任をもって飼いましょうね、