窓タイプ:FIX窓

窓の話もこれで3回目になりますが、今回のFIX窓で一区切りです。FIX(フィックス=固定)窓は、文字の通り窓が固定されており、開くことができません。よって、断熱性/気密性もすべての窓タイプで最高のものになります。もちろん、換気は全くできないのですが...

                                 YKK APカタログより

また、この窓のもう一つのメリットは、窓枠が狭いので窓に対するガラスの面積もほかのタイプより広くなります。窓というのは窓枠に意味があるのではなく、ガラス部分に意味があるので、その面積が広いほうがメリットがあるといえるのではないでしょうか。また、普通の開くタイプの窓に比べて圧倒的に価格が抑えられているというメリットもあります。機構部分がないので安くなるのは当然なのですが、性能が良くて価格メリットもあるという、ある意味いいとこ取りの窓になります。

FIX窓は換気ができないというデメリットはありますが、高萩建設の家であれば、第一種換気システムで換気されている上に、全館冷暖房であるため、窓を開けるのは春や秋の気温がちょうど良いときだけであり、夏の暑い時期のように家のすべての窓を全開にして室内の熱を逃がしたい、という必要性は全くありません。よって、外の道路に面しており、人の視線が気になる窓や、天井に近い位置に設置されている、手の届きにくい窓についてはわざわざ開閉機構をつけるメリットはそう大きくないともいえます。そういう背景の中で、FIX窓がどこに使われるかの例ですが、廊下の高窓、吹き抜け部分、クローゼットなどの明り取りの窓として使われることが多いですが、それ以外にもリビングなどの大きな部屋、窓の多い部屋であれば、一部をFIXにするという選択もアリだと思います。また、階段など、手の届きにくい場所も思い切ってFIX窓にしてしまうと良いのではないでしょうか。

                                 YKK APカタログより

「涼温換気の家」の夏

今年は7月後半から急に暑くなり、茨城県でも30度を超える日が続いています。「涼温換気の家」はエアコン1台で家全体を快適な状態を保つことができますが、全館冷暖房というと電気代が高そう、というイメージもあると思いますので、一例として茨城県日立市の家の一日の電気消費量を公開したいと思います。

この家は52坪の2階建て、5人家族、オール電化ですが太陽光発電無しという条件です。今年の7月22日の日立市の最高気温は31度でしたが、朝7時からエアコンON、夜0時にエアコンOFFにしていました。夜間は外気温が低いとは言え、エアコンOFF、窓を閉じた状態で室内の温度が上がらずに朝までぐっすり寝ることができるのは、高気密高断熱の構造と熱交換のできる第一種換気のお陰かと思います。ちなみに、昼間の気温の高い状態、エアコンの消費電力が大きい時間帯も1時間当たり1kWh台で推移しており、1kWhで電気代が28円とすると、真夏でも1日あたり数百円で、24時間快適な室内環境を得ることができます。

令和3年7月22日の電気消費量グラフ、当日最高気温31℃

今回掲載した電気消費量のグラフですが、契約している電力会社のサイトで確認できるものをお施主様に提供してもらいました。現在は各家庭にスマートメーターが取り付けられており、30分毎の消費電力量が1時間遅れくらいでインターネット経由で確認できるのです。HEMSなど特殊な機器を設置することなく、その家の消費電力量を確認できる、便利な世の中になりました。もちろんHEMSなどの特殊な機器を設置すれば、部屋ごとやコンセントごとの消費電力量がモニタ―できますが、設置当初は頻繁に確認するものの、そのデータを長く活用している方は意外と少ないようです。

パナソニック社のHEMS(AiSEG2)イメージ パナソニックHPより引用

さて、今回の日立市の家の7月の消費電力量ですが、一日あたりの消費電力量は7月後半からの気温の上昇と共に増加傾向でしたが、丸々1か月で500kWh、1万5千円弱でした。この1万5千円というのを高いと思うか安いと思うかですが、この猛暑の中で52坪の家を24時間快適な温度に保ち、オール電化でガス代や灯油代などの出費は無し、5人家族という条件を加味すると、安いといえるのではないでしょうか。特に夜に窓を閉め切った状態で朝までグッスリ眠ることができ、夏バテとは無縁の生活ができて良かったというのがお施主様のコメントでした。

令和3年7月22日の電気消費量グラフ、約500kW、15,000円弱

 

 

窓タイプ:ツーアクション窓

前回は縦すべり出し/横すべり出し窓について説明させていただきましたが、今回はツーアクション窓についてです。

ツーアクション窓の概要は以前説明した通りですが、この窓は欧州(特にドイツ)で多く使われている窓になります。ツーアクション窓はドイツ語ではドレーキップ窓と呼ばれており、ドレーン(回すという意味)とキッペン(傾けるという意味)を合わせた名前となります。名前の通り、ハンドルを90度回すと内側に開くことができ、180度回すと少し内側に傾けることができます。内側に全開すれば換気量を大きくすることができたり、窓の外側を簡単に掃除することもできます。

内開き状態


内倒し状態(換気)

室内に窓の内側が入るということは外の汚れを室内に入れてしまうということになるので、それが気になる方にはお勧めできませんが、内側への全開、室内側への傾けという、2つの機能を持つ唯一の窓になります。縦すべり出し窓程の大量換気は望めませんが、内開きによる換気と、横すべり出し窓同様に内側傾けによる降雨時の換気の両方を実現できます。さらに、内側傾けの量はそれほど大きくないため、外側からそれ以上窓を開くことができません。防犯上問題ないとは言い切れませんが、夜間に他タイプの窓を開けて寝るよりははるかに安心できると思います。

内開き時には汚れた外枠が室内に入ってしまいます

また、内側に開くことによって、普通の内断熱の家ではカーテンやブラインドなどに干渉してしまうことがありますが、高萩建設の場合は外断熱であるため以前説明した通り窓枠に奥行があるため、ツーアクション窓を内倒しにしても、カーテンやブラインドに干渉しません。外断熱工法とツーアクション窓の組み合わせ、結構良いと思います。

内倒ししてもカーテンに当たりません

 

 

 

 

上棟

まず、以下の写真をご覧ください。

これらの写真はいずれも上棟時の写真ですが、小屋裏2階建て、平屋建て、2階建て、どのタイプでも基本的に仕様は同じです。木材は100%地場材を使用しており、材質は土台が栗、柱は杉、特殊柱は栗や欅、構造材は梁や桁は主に杉材を使用しております。また、土台/柱共に4寸(120mm)を使用しています。

写真中央で養生されているの2本が特殊柱になります

栗の土台は以前から説明させていただいている通り、シロアリの食害を最小限にする効果がありますが、高萩建設の場合シロアリ被害ゼロであるため、実際に基礎を上がって土台に到達できたシロアリはいません。よって、実際にその効果が実感することはないのですが、栗の土台は硬さもあるため、柱を安定させる(=耐震性を高める)効果もあります。軟らかい土台の上に柱を立てると、特に2階建てでは柱が土台にめり込むこともあります。

もう一つ補足ポイントがありますが、上の写真の基礎部分にサビのようなものが見えると思いますが、これは栗の土台から渋が染み出しているもので、栗材を使っていることの証明にもなります。もちろん基礎部分はモルタルで仕上げるので、完成した家ではすべて隠れてしまいますが、上棟時にサビではないかとお施主様が質問されることが多いポイントでもあります。